2014年09月23日

おすすめ!東野圭吾の白夜行



白夜行(集英社文庫)
ユーザ評価4.67レビューを見る(740件) 書く 1,080円(税込)1,000円(税抜) 送料無料


・発売日: 2002年05月
・著者/編集: 東野圭吾
・出版社: 集英社
・サイズ: 文庫
・ページ数: 860p
・ISBNコード: 9784087474398

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂ー暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

posted by 容疑者Xの献身 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 おすすめ | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

おすすめ!東野圭吾の容疑者Xの献身




天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、
一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。

彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。
だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、
その謎に挑むことになる。

ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。

680円(税込)630円(税抜) 送料無料

・発売日: 2008年08月
・著者/編集: 東野圭吾
・出版社: 文藝春秋
・サイズ: 文庫
・ページ数: 394p
・ISBNコード: 9784167110123

東野圭吾(ヒガシノケイゴ)
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で第134回直木賞受賞。同書は第6回本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第1位にも輝いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
東野圭吾の本のすすめ 


posted by 容疑者Xの献身 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 おすすめ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。